「海洋プラスチック汚染」講演会のご案内

相模原市立環境情報センター主催事業として、講演会「海洋プラスチック汚染 -漂流するマイクロプラスチックの現状と未来-」が開催される。

講師は、関東ではお話を聞く機会の少ない九州大学の磯部篤彦先生だ。

磯部先生といえば、日本近海のマイクロプラスチック量は世界の海の27倍、という結果を調査で導き、衝撃を与えた研究者。海洋ごみやマイクロプラスチック研究では、東京農工大の高田先生と並ぶ第一人者である。

日時:10月27日(土)15時から16時30分

場所:桜美林大学 プラネット淵野辺キャンパス(JR淵野辺駅徒歩1分)

申込み、詳細は下記へ↓

http://eic-sagamihara.jp/archives/9320/

 

海プラの9割は10河川から流出 石化協会も解決に向けぜひ協力を

海洋へ流出するプラスチックごみの9割は10河川から流れ出ているといわれる。その10河川のうち8河川はアジアにある。日本は流出国にはカウントされていないが、決して他人事ではない。

日本を含む「先進国」は、これまでこれらの国々にプラスチック製品を輸出したり、あるいは工場を作り製品を製造したり、またプラスチック製廃棄物を「資源」として輸出してきたが、その過程で出るごみについては責任を負ってこなかった。

そのツケがこのような形で現れたと考えられる。

石油化学工業協会会長は、自動車の軽量化や食品の品質保持を例に挙げ「プラスチックのプラス面を考えるべき」と強調するが、プラスチックのプラス面については誰もが既に十分知っている。だからこそ、ここまで普及したのだ。

今考えるべきは、マイナス面を克服するために何ができるか、である。

石油化学工業協会も一丸となって、この問題に取り組んで欲しい。

汚染のひどい新興国に適切なごみ回収ルートを作れば、それですべて解決するという話ではない。十分な回収ルートのある日本でも散乱ごみ問題は解決されてこなかった。ここにプラスチックごみによる海洋汚染問題の根深さがあり、多様な解決策の必要性があると考えている。

<参考>

NEWSWEEK(2018.7.12)「世界の海洋プラスチック廃棄物の9割は、わずか10の河川から流れ込んでいる」↓

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/07/910.php

毎日新聞(2018.9.16)「10河川からごみ9割 海洋汚染、新興国で排出 陸上の管理不適切 独研究所推計」↓

https://mainichi.jp/articles/20180916/ddm/003/040/099000c

SankeiBiz(2018.9.21)「石化協会長、「脱プラ」流れに反論 食品廃棄問題への貢献強調」↓

https://www.sankeibiz.jp/business/news/180921/bsc1809210500001-n1.htm

有機農業映画祭で「海-消えたプラスチックの謎」も上映

「第12回国際有機農業映画祭」が法政大学で開催されるそうだ。

上映作品は「海-消えたプラスチックの謎」、「狂った蜂2」「たねと私の旅」、「トマト帝国」、「大平農園401年目の四季」。

どれも見たいが、特にこの「海-消えたプラスチックの謎」↓が気になる。https://green-image.jp/films/mystery-of-the-missing-plastic/

以下、転載↓

国際有機農業映画祭は、12回を数え、今年は11月18日(日)に法政大学市ヶ谷キャンパスで開催されます。今年のテーマは「世の中、えらいことになるでぇ」。単に有機農業や食の安全問題のみにとどまらず、自然と人との関係の在り方やそれを支える価値観、社会のつくり方まで視野を広げ、”思想としての有機農業“を考える構成をめざしています。

日時:11月18日(日)10:00~19:45
場所:法政大学市ヶ谷キャンパス 富士見ゲート棟G201
交通:JR・地下鉄「飯田橋駅」「市ヶ谷駅」下車
地図はこちら http://www.yuki-eiga.com/access
上映作品:「海-消えたプラスチックの謎」、「狂った蜂2」(本邦初上映)
「たねと私の旅」(本邦初上映)、「トマト帝国」(本邦初上映)、
「大平農園401年目の四季」
若手有機農業者によるシンポジウムもあります。
参加費:一般 前売り2000円 / 当日2500円
25歳以下 前売り 500円 / 当日1000円(当日は身分証明書を提示)
中学生以下無料
前売り申込み期間は9月1日~10月31日

詳しくはこちら↓

http://www.yuki-eiga.com/

プラ製ストロー、デニーズやKFC、大戸屋等廃止 ドトールやタリーズは検討中

ガストに続き、プラスチック製ストローの使用を中止する企業が日本でも増加している。

セブン&アイ・フードシステムの運営するデニーズは、まず11月からデニーズ40店舗でストローの提供を中止する。顧客の反応などを踏まえ、2019年2月末までに全面実施するそうだ。用事など必要な客には代替品を検討している。デニーズでのストロー利用は年2100万本とのこと。

日本KFCは、プラスチック製に代わる代替品の提供を検討している。ストローや紙コップに付けるフタを断る客には特典を用意するそうだ。

大戸屋HDは、大戸屋約350店舗でストローをプラスチック製以外のものに切り替える方向で検討している。

ホテルでは、米マリオット・インターナショナルが2019年7月までに日本を含む世界でプラスチックストローを廃止するとのこと。ハイアットリージェンシー東京は9月から紙製に切り替えた。

ドトールやタリーズコーヒー、プリンスホテル、帝国ホテル、ニュー・オータニなどは、方針がまだ決まらず、しばらく現状維持のようだ。

日本では、国や自治体より先に、使い捨てプラスチック製品を使用する企業が動いた。大手は投資家を気にして廃止に踏み切ったのだろうが、小さい店でも最近ストローを提供するケースが減っている。

先日、都内でカフェや焙煎所の経営者などが集まり、「コーヒーとプラスチックのこれから」という合同勉強会が開かれたそうだ。

<出所>

日本経済新聞(2018.9.24)「外食にストロー脱プラの波 デニーズ廃止、KFCは代替 」↓

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3568655023092018TJC000/

サステナブル・ブランド ジャパン(2018.9.6)「人気カフェにも脱プラスチックの動き 合同勉強会を開催」↓

http://www.sustainablebrands.jp/community/column/detail/1190911_2557.html

 

 

海プラ被害の大きい島嶼国 対策をとらない日本は信用失墜?!

「大洋州島嶼諸国の目からみると、プラスチック廃棄物への日本社会の反応が極めて鈍い」とのことである。

G7の海洋プラスチック憲章の署名を拒否し、国内でレジ袋有料化さえも足踏み状態が続く日本の現状を見ると、そう見えても当然だろう。

太平洋の島嶼国では、プラスチック製品の多くは海外からの輸入で、近年土に還らないごみの量が激増しているという。しかも、海岸には海外から大量のごみが流れ着く。

日本に期待されていることは、それらを燃やすための焼却炉を紹介することではなく、プラスチックごみを減らすこと(リデュース)と、リユースするための技術であるはずだ。

期待に応えるためには、日本社会も変わっていく必要がある。

<参考>

WEB RONZA(2018.9.4)「南の島国からのプラスチック文明への警告 問われる日本社会の対応」↓

https://webronza.asahi.com/science/articles/2018083000002.html

 

 

この2日間の海プラ会議、G7も環境省も都も数値目標決まらず

2018年9月19日から21日にかけて、今後日本の海洋プラスチックごみ汚染対策に影響を及ぼすであろう会議が、3つ立て続けに開催された。

しかし、どの会議も削減の数値目標も決まらない上、至急削減する必要があるという委員のコンセンサスが得られたかさえも疑問がある。

1つは9月19日から21日までカナダで開催されたG7。最も期待していた会議だったが、6月に署名拒否した日米に配慮してか、数値目標は盛り込まれなかった(時事通信、毎日新聞)。

2つ目は環境省の中央環境審議会循環型社会部会プラスチック資源循環戦略小委員会。前回欠席の高田先生が今回は出席し、頑張って意見を言ってくれたようだが、おそらく多勢に無勢。参考にされた事業者の資料を見ても、バイオプラスチックや生分解性プラスチック、容器のプラスチック量のわずかな削減・・など技術でカバーしようとするものばかり。根本的な対策や、実質的な削減の必要性の話につながる資料はJEANの資料のみ。これでは削減目標値の設定は難しい。

3つ目は東京都の廃棄物審議会のプラスチック部会。傍聴した知人によると、これが特にひどかったようだ。例えば、散乱ごみ対策としてのごみ箱設置や、レジ袋はゴミ袋としても使える・・などのような、何年も前から各地で幾度も議論され、既に解決された話がまた蒸し返されたとのこと。国立環境研究所の田崎氏が新委員に加わったことから、これから都の廃棄物審議会は多少前進するのでは?と期待するが・・・やはり多勢に無勢か?

<参考>

毎日新聞(2018.9.20)「海洋プラごみ削減で連携へ G7文書案、数値目標なし」↓

https://mainichi.jp/articles/20180920/k00/00e/030/251000c

JIJI.COM(2018.9.21)「排出削減推進で合意=海洋プラごみ問題-G7会合」↓

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018092100204&g=eco

環境省「平成30年9月19日 中央環境審議会循環型社会部会プラスチック資源循環戦略小委員会(第2回) 議事次第・配付資料」↓

http://www.env.go.jp/council/03recycle/y0312-02b.html

東京都「平成30年9月20日 会議次第 東京都廃棄物審議会 プラスチック部会(第1回)」↓

http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/basic/conference/resource/tokyo/index.files/300920plastic.pdf

脱ペットボトルを進めるロンドン 公衆水飲み場を16カ所増設

ロンドン動物学会と共同で#OneLessキャンペーンに取り組み、脱ペットボトルを進めるロンドンで、公衆水飲み場を16カ所も増設しているそうだ。

市内には、既に4カ所の公衆水飲み場がある。

東京都も2020年までに公衆水飲み場を増やさないと、都内がペットボトルごみで溢れてしまう。「脱使い捨てプラスチック」の態度を鮮明にするためにも、最低でもレジ袋とペットボトルの削減姿勢を「見える化」すべきだ。

<参考>

ロイター(2018.8.29)「英ロンドン、公衆水飲み場を増設 ペットボトル利用の削減呼び掛け」↓

https://jp.reuters.com/article/britain-fountains-idJPKCN1LE0C4

#OneLess

LONDON’S REFILL REVOLUTION

三井住友海上も損保ジャパンも 社員食堂のプラカップ廃止

三井住友海上火災保険は社員食堂で、使い捨てのプラスチック製ストローとカップおよびふたを廃止し、それらを紙製に切り替えるとのこと。国内の全ての社員食堂で行う。年間9万6千本のプラスチック製ストローの削減につながる見込み。

損保ジャパン日本興亜もコーヒー用のプラスチック製カップを廃止し紙製に切り替える。プラスチック製ストローは廃止。10月から本社の社員食堂で行うとのこと。1日あたり、1千個の削減になるそうだ。

よいことだとは思うが、社員食堂ならばマイカップ持参を促して、持参者には値引きするなどできないものか?とも思う。リユースも進めてほしい。

<出所>

朝日新聞(2018.9.20)「社員食堂でもプラ製カップ廃止 1日千個削減の企業も」↓

https://www.asahi.com/articles/ASL9M5HDJL9MULBJ01Y.html

カールスバーグ 缶ビールのマルチパックを廃止

ビールメーカーのカールスバーグが、ビール缶を6本連結する新たな方法を開発した。

缶同士を接着する方式(スナップパック)だという。運搬中や販売中はバラバラにならない程度に接着されているが、手で引っ張ればすぐに外すことができるとのこと。

従来のプラスチック製の6缶パックは生物への被害が大きいし、マイクロプラスチックにもなるため、歓迎だ。

日本では最近プラスチック製の6缶パックはあまり見ない。よく使われているのは紙製マルチパックだ。紙製マルチパックはリサイクルしにくいため、この接着剤がもし問題のないものならば(接着剤に使用される化学物質は問題のあるものも多い)、日本のビールメーカーもこの手のものに変更してもよいのかもしれない。

カールスバーグは、缶だけでなく、瓶ビールでも環境に配慮したそうだ。瓶のラベル印刷をCradle-to-Cradle Certifiedのインクに切り替えてリサイクルしやすいようにし、ガラス瓶に新たなコーティングを施して再利用可能回数を増やしたとのこと。

<出所>

PRINT & PROMOTION(2018.9.13)「カールスバーグ ビールのマルチパックを廃止 缶を接着する「スナップパック方式」を採用」↓

カールスバーグ ビールのマルチパックを廃止 缶を接着する「スナップパック方式」を採用

財経新聞(2018.9.18)「カールスバーグ、従来のプラスチック包装使用しない缶ビール6本パック発表」↓

https://zaikei.co.jp/article/20180910/465013.html

注意!!まだ売っているマイクロビーズ入り「スクラブ洗顔」

昨夕、 某大手ストアへ立ち寄った。

有機野菜や有機果物(有機キーウィフルーツ)なども扱っているため、少し遠いけれど時々行っている店で、食品スーパーとディカウントストアを合体させたような店だ。

そこで、マイクロビーズ入りのスクラブ洗顔剤と遭遇。

ネットではまだ売られているとは聞いていたが、まさかこのような全国展開している大規模店で堂々と売っているとは思わなかった。

しかも国内2メーカーの商品が、100円台のバーゲン品として、山積み!!

帰宅してから調べたところ、楽天やamazonなどでもネット販売されていた。いずれも100円台のお買い得品的な扱い(と思ったら、400円台という高額?なものもあった)。

他にもないかとネットショップを探したところ、原材料名の記載のない怪しげな商品も見つかった。いずれも安心なはずの国内メーカーの商品だ。

2016年3月に日本化粧品連合会がマイクロビーズの自主規制を開始した。連合会に加盟していなかったとしても、情報はキャッチできたはずだから、その時点でマイクロビーズ入り商品の生産を抑制し、代替品を使った新商品の開発に着手していれば、今頃になって在庫整理する必要はなかったはず。

マイクロビーズに代わる植物由来のスクラブ剤はいくらでもある(価格は少し高くなり、使用感も異なるため簡単ではないだろうが・・)。

おそらく今年6月にマイクロプラスチックの抑制を盛り込んだ改正法が成立してから、あわてて生産を中止し、在庫整理に奔走しているのだろう。

生産者として、対応があまりにもお粗末すぎないか。買う消費者がいれば作っても構わない、法律で禁止されるまでは作ってもOK、という姿勢は、あまりにもメーカーとしての責任感がなさ過ぎる。

販売という形の在庫処分は中止し、適切な管理のもとできっちりと廃棄処分すべきではないか。

販売する小売店やネットショップにも、販売者としての社会的責任を自覚して欲しい。

(補筆)販売していたリアル店舗のサイトの問合せ欄に、マイクロビーズ入り商品の販売を中止してほしい旨を記載して送信した。良い返事がくればうれしいけれど・・・