横須賀に廃プラの巨大リサイクル工場ができる?!

横須賀に国内最大規模の廃プラスチックのリサイクル工場ができるそうだ。市長が喜んでコメントまで寄せているが、喜ぶ市民ばかりではないだろう。

「本プラントは年間約4万トンの処理能力があり、年間約2万4,000トンの再生ペレットの生産能力を有する、国内最大級のプラスチックのリサイクルプラントとなる予定」とのことだが、4万トンの廃プラで2万4000トンものペレットなどできるものだろうか?

石灰石が多少混じったものも搬入されるらしいが、そんなものはごくわずかだろうから、ほぼ廃プラだ。

容リ協会の最新データによると、容器包装リサイクル法の材料リサイクルで引き取られたプラスチック製容器包装は37.4万トン、うち再商品化製品利用製品は18.5万トンだ。つまり50%は残渣ということになる。

https://www.jcpra.or.jp/recycle/recycling/tabid/428/index.php

横須賀にできる工場は材料リサイクルの工場だから、もしここが家庭からのプラスチック製容器包装を引き取った場合、せいぜい2万トンのペレットしかできない。2.4万トンのペレットを作ろうと思えば、質の安定した産業系の廃プラを持ってくる必要がある。

それとも、来年度から施行される製品プラスチックと容器包装プラスチックの一括回収で、容器包装プラよりも良質の廃プラが集まると見込んでのことだろうか?

以前、兵庫県三木市の大栄環境のリサイクル工場を見学したことがあるが、山の中の広大な敷地に建っていた。固形燃料などを主に作っている大規模な工場で、周辺住民が憩える温浴施設まで備えていた。

横須賀にはそれほど広い敷地はないだろうから、ところ狭しと工場が建つのだろうか?材料リサイクルできる分は約半分だから、当然残渣(リサイクルできない廃プラ)を燃やす焼却炉も必要なはずだ。

焼却施設も同じ敷地内にできるのだろうか?

廃プラを海外へ送る時代ではないから、材料リサイクル工場はどこかには必要だ。だが、杉並病や寝屋川病の例もある。人の多い地域に廃プラ関連の施設ができるのは、やはり不安だ。

やはりプラスチックは使わないに限る。いくら材料リサイクルしても、「脱炭素」とは無縁だ。極力使わないようにしたい。

<出所>

https://news.biglobe.ne.jp/economy/0830/prt_210830_9605455836.html

みどりの食料戦略は「みどり」ではない、サミット追加募集のお知らせ

もうひとつの市民食料サミット ~農水省が提唱する「みどりの食料システム 戦略」は「みどり」ではない~

会場50人・オンライン募集人数100人だったところ、オンラインを500人にまで拡大し、追加募集している。

以下、転載

「有機農業面積を 2050 年までに全農地の 25%に拡大する」「化学農薬使用量を 30%減らす」など、 野心的な目標がちりばめられた農水省発「みどりの食料システム戦略」。今年9月に開催される国連の「食料システムサミット」に向けて策定されたとも言われていますが、そのサミットは利益優先主義の多国籍企業によって支配されていると、世界の多くの NGO が批判しています。
そこで私たちは、国連食料システムサミットに対抗して、各国の NGOと連帯した「もう一つの市民食料サミット」を開催します。世界規模で進んでいる企業による食料支配の現状を知り、日本の「みどりの食料システム戦略」の真の狙いは何かをあぶり出すとともに、私たちが求める農業や食べものについて考えます。


【日 時】 2021 年 9 月 18 日(土)13:30~16:30
【会 場】 東京都文京区シルバーセンター・シルバーホール(文京シビックセンター4
階)アクセス:東京メトロ丸ノ内線・南北線「後楽園駅」直結  https://www.city.bunk
yo.lg.jp/shisetsu/civiccenter/civic.html
*オンライン参加も可能です。
【定 員】 会場 50 人・オンライン 100 人 (いずれも要予約)
【参加費】  無料
【申込み】  9 月 16 日締め切り 日本消費者連盟ホームページの専用フォームからお申込みください。
  →https://forms.gle/SuxCw47hZ1WQenEe7

詳細は下記をご参照ください↓

http://www.labornetjp.org/EventItem/1629805222402staff01

ペットボトルの小型化が止まらない 飲みきりサイズって必要?

1996年4月1日、1リットル未満のペットボトルの自主規制が解禁された。それ以来、500ミリリットルが一般的なペットボトルのサイズになった。

それさえ苦々しく思っていたのに、徐々に350や270などが増えてきて、ついには200ミリリットル未満の超小型のコーヒーボトルやお茶ボトルまで登場した。

缶のシェアを奪うためペットボトルが小型化しているようだ。

脱プラの影響でペットボトルが缶に切り替わりつつある、などという話もあるが、これだけ超小型のペットボトルが増えると、缶が駆逐されそうだ。

195ミリリットルなどのような飲みきりサイズは、ペットボトルである必要はないと思うが、この程度のサイズでもキャップがほしい人はいるのだろうか?

回収は自治体にまかせ、散乱したらボランティアにまかせ、メーカーはボトルに「リサイクルしてね」と書いたラベルを貼るだけ・・。散乱するのはきちんと回収に出さない消費者の責任だと言わんばかりだ。

かつて散乱を気にして自主規制していたメーカーたちだが、今、たがが外れているように見える。これでは、リサイクルが大量生産大量消費の免罪符になっているといわれても仕方がないだろう。

他の多くの先進国では、メーカーはデポジット制度で回収・リサイクルの責任を果たすが、日本では回収責任さえも免除されている。日本のような環境後進国でモノを売るメーカーは、さぞ笑いが止まらないだろう。

ペットボトルや缶、コンビニやカフェのプラカップなどを対象に、国は「使い捨て」を規制をすべきだ。

ザッと調べたところ、一般的なお茶やコーヒーで200ミリリットル以下のものは下記のものが見つかった。

サンガリア おいしいお茶 190mL
コカコーラ ヨーグルスタンド 190mL(これはお茶というよりヤクルトのようなもの?)
伊藤園 抹茶(加糖と無糖の2種) 190mL
フレッシュ 濃厚抹茶 190mL

サントリー 伊右衛門 お茶どうぞ 195mL
コカコーラ ジョージア(ブラックと微糖の2種)195mL

サンガリア あなたのお茶 200mL
伊藤園 緑茶 お茶体験 200mL

270ミリリットルから280ミリリットルまでのお茶やコーヒーのペットボトルは、さらに多い。特に伊藤園とコカコーラが多いようだ。

インターナショナル・ペレットウォッチの論文が公開、難燃剤のレガシー汚染

東京農工大の高田秀重先生たちのインターナショナル・ペレットウォッチの論文が公開された。

全文ダウンロードできる。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/emcr/1/0/1_20210002/_html/-char/en

タイトルは、International pellet watch: Global monitoring of polybrominated diphenyl ethers (PBDEs) in plastic resin pellets(機械翻訳:国際ペレットウォッチ:プラスチック樹脂ペレット中のポリ臭化ジフェニルエーテル(PBDE)のグローバルモニタリング)。

西ヨーロッパや日本も汚染濃度が高いが、アメリカはもっと高い。

他のアフリカ諸国はあまり汚染濃度が高くないのに、ガーナだけがなぜか特に高いようだ。

直接の関係はないとは思うが、ガーナでは今春、イルカや魚がナゾの大量死をしているという報道があったので気になる。

AFP(2021.4.6)「魚が謎の大量死、イルカ60頭の死骸も ガーナ」↓

https://www.afpbb.com/articles/-/3340616

香害の主原因、マイクロカプセルを使った家庭製品一覧

香害の原因はマイクロカプセルだけではないが、マイクロカプセルが大きな原因であることは確かだ。

そのマイクロカプセルを使った家庭製品の一覧がtwitterで公開されている。

多くのメーカーがマイクロカプセルを使っているが、一覧は大手3社のみ。一覧を作った人がお客様センターに電話して聞き出したということなので、漏れもあるだろうが、すばらしい行動力だ。

一覧ではP&Gの製品が一番多いようだ。

ドラッグストアのオリジナル商品でもマイクロカプセルを使った商品を見かけるから、これだけではないことは確かだが、とにかくこの手の製品を使っている人がこのまま使い続けたならば、早晩本人や周囲の人が「香害」か「化学物質過敏症」を発症しそうだ。

<関連記事>

来春から使い捨てプラ12品目削減へ、やはりザル法?

今年6月の国会で成立した「プラスチック資源循環促進法」により、来春から合理化(削減)するプラ製品が決まった。

合理化(削減)対象となる「特定プラスチック使用製品」は、スプーン、ストロー、フォーク、ナイフ、マドラー、ホテルが提供するヘアブラシ、クシ、歯ブラシ、カミソリ、シャワーキャップ、クリーニング店のハンガー、衣類用カバーの計12品目。

使用量が年間5トン以上の事業者が対象なので、小さい店は対象外。通販や配達サービスも同様に規制対象とのことなので、大手飲食店のデリバリーのスプーンなどは対象になる。

事業者にはまず、12品目を引き続き扱う場合、使い捨てプラ製品の具体的な削減目標をつくるよう求めるそうだ。削減するための方法としては7つの対策の中から最低1つを選ばなければならない(日経2021.8.22)。

とはいえ、7つの対策の中には、消費者の受け取りの意思確認というのも含まれているので、単に「要りますか?」と聞くだけでもいいらしい。

他には、有料化、回収後の再利用、辞退者へのポイント還元など。

辞退者へのポイント還元はあまり有効ではないし、回収後の再利用というのもどこまでフォローできるのか?

ナショナルジオグラフィックの別冊『脱プラスチック』によると、カナダ放送協会(CBC)が回収品の行方を調べるため、プラスチック9トン(すべて選別されベール化されたプラスチックフィルム)を購入し、GPS発信機を取り付けておとり捜査を行ったそうだ。3大回収業者にリサイクルするように依頼したにも関わらず、リサイクル処理施設へ運んだのは1社のみ。残りの1社は廃棄物発電所へ、もう1社は埋立地に直行したとのこと。

「再利用」といっても店内でリユースされるはずはない。「できれば材料リサイクルしてね」と回収業者に依頼するのがせいぜいだ。うまくいけば、パレット(荷物を乗せる台)程度にはなるのだろうが、パレットだってそんなには要らない。燃やされてしまうのも多そうだ。

やはりザル法か?

(8月23日加筆)

今日の審議会の資料によると、提供事業者は4つの「提供方法の工夫」と3つの「提供する特定プラスチック使用製品の工夫」から選ぶ。日経に載っていた「回収後の再利用」はない。代わりに「繰り返し使用を促すこと」と「繰り返し使用が可能な製品を提供すること」というのがある。おそらく、消費者が再使用しやすいようなものを提供して、再使用を促せばよいということのようだ。

しかし、どんなにしっかりした作りのものでも、タダでもらったプラ製品を何度も繰り返して使う人は少ないのではないか。

以下、資料からの転載↓

【提供方法の工夫】
• 消費者にその提供する特定プラスチック使用製品を有償で提供すること
• 消費者が商品を購入し又は役務の提供を受ける際にその提供する特定プラスチック使用製品を使用しないように誘引するための手段として景品等を提供(ポイント還元等)すること

• 提供する特定プラスチック使用製品について消費者の意思を確認すること
• 提供する特定プラスチック使用製品について繰り返し使用を促すこと

【提供する特定プラスチック使用製品の工夫】
• 薄肉化又は軽量化等の特定プラスチック使用製品の設計又はその部品若しくは原材料の種類(再生可能資源、再生プラスチック等)について工夫された特定プラスチック使用製品を提供すること
• 商品又はサービスに応じて適切な寸法の特定プラスチック使用製品を提供すること
• 繰り返し使用が可能な製品を提供すること

<出典>

経産省ウェブサイト「プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律の政省令・告示について」↓

https://www.meti.go.jp/shingikai/sankoshin/sangyo_gijutsu/haikibutsu_recycle/plastic_junkan_wg/pdf/010_01_00.pdf

これまでの会議資料や議事録の一覧(環境省ウェブサイト:プラスチック資源循環小委員会)↓

https://www.env.go.jp/council/03recycle/yoshi03-14.html

日本経済新聞(2021.8.21)「スプーンなどプラ製12品目、有料・再利用義務 来春から」↓

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA2074J0Q1A820C2000000/

ケベック州、来秋からデポジット制度を拡大

カナダ・ケベック州のデポジット制度が、2022年秋から段階的に拡大される。

日本ではなぜかデポジット制度というと「ドイツ」の話がすぐに出るが、ドイツより実はカナダの方が、デポジット制度の歴史が長い。

ちなみに、欧州がEPR(拡大生産者責任)と言い出すよりずっと前から、カナダでは「スチュワードシップ」(EPRと似ているもの)がかなり定着していた。

カナダのデポジット制度は、州により少しずつ対象や方法などが異なり、わかりにくいためか、日本ではあまり有名ではない。しかし、牛乳パックまで対象にしている州もあるほど熱心な州も多い。

その中で、ケベック州はこれまであまりデポジット制度対象容器の種類が多くなく、熱心ではなかった。対象はワンウェイのソフトドリンクとビールの容器のみで、水やワイン、スピリッツ、ジュース(果汁100%)、牛乳など乳製品の容器は対象外。

ワンウェイのガラスびんは450mL以下のみ対象だった。

しかし、来年秋から対象を拡大する計画だ。

「100ミリリットルから2リットルのサイズのすべての容器は、金属、プラスチック、またはガラス製のものを含め、デポジットの対象となります。ワインとスピリットのボトルは、それぞれ0.25ドルで交換できます。他のボトルは$ 0.10」とのこと。

これまで返却はスーパーなど小売店だったが、小売店のみではこれだけ多くの容器を回収できないため、デポ(専用のデポジット対象容器回収所)も開設する計画だ。

環境保護団体は、この決定を「大きな前進」であると称賛しているとのこと。

<出典>

CBC(2021.8.18)Quebec aims to double recycling capacity with machines that accept wine bottles, cartons and plastic

https://www.cbc.ca/news/canada/montreal/glass-consigne-1.5445587

人の肺からマイクロプラスチックを検出

ブラジル・サンパウロ大学の研究者らが、亡くなった人の肺組織でマイクロプラスチックを発見したそうだ。

食品として食べたものが肺に入ったわけではなく、大気中に浮遊しているマイクロプラスチックを呼吸を通して体内に取り込んだものだ。

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0304389421010888

しかも、繊維状のものよりも粒子状のものの方が多かったというから、想像していたことと大分違う。

ポリプロピレンが最も多く、次がポリエチレン、次が綿だ。綿の粒子をマイクロプラスチックと呼ぶのは変だが、天然繊維でも化学染料で染色したり難燃剤を塗ったりしたことで分解が阻害され、肺に貯まるらしい。

今までは合成繊維を天然繊維に切り替えれば、マイクロプラスチックの暴露はある程度防げると思っていたが、草木染めなどナチュラルなものでなければ安心できないようだ。

ゴールがますます遠のいたような気分。

しかし、ポリプロピレンやポリエチレンが多いのは想像の範囲内だ。特にポリプロピレンは、食品の容器包装材として多用されているので、多くて当然だろう。

飲料容器は脱プラ?実は「脱ガラス」

最近の海外ニュースで、日本の飲料容器はペットボトルからアルミ缶に切り替わりつつある、というようなことが紹介されていた。

しかし、それはごく一部の話。実際は、「脱ガラス」が進んでいる。

日経新聞(2021.8.2)によると

「お茶や水、炭酸飲料を手掛けるサントリー食品インターナショナル(サントリーBF)は、飲食店やホテルの宴会場などで使う業務用のガラス瓶を全廃する。既に製造は終了しており、流通分が無くなれば飲食店や旅館などから今夏中にも姿を消す見込みだ。ペットボトルは家庭用と同じ生産ラインで製造できるため効率も高い」とのこと。

また、アサヒビールは「6月、チェコからの輸入ビール「ピルスナーウルケル」を瓶に加えて缶で全国販売を始めた」。

これまでは輸入元である欧州では主に瓶で流通しているため、アサヒビールが扱う海外ビールはすべて瓶で販売していたが、これからは缶に変えていくらしい。

もはや「リターナブルびん」どころか、ガラスびん全般を見る機会がなくなりそうだ。小手先のCO2排出量の計算や目先の利便性に目を奪われているのでは?とガッガリする。

脱プラの波は日本を避けてうねっているようだ。

<出典>

日本経済新聞(2021.8.2)「飲料「脱・ガラス瓶」進む お茶など業務用で全廃も」↓

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC26E650W1A520C2000000/

クジラやイルカのPCB濃度は高位安定、ペットボトルのキャップからも環境ホルモン

「2003年から2020年までの珠江河口からの幼生および成体のクジラ類におけるポリ塩化ビフェニル(PCB)の歴史的変化」という論文が発表された。

https://www.sciencedirect.com/journal/science-of-the-total-environment/vol/800/suppl/C

PCBは難分解性で体内に蓄積されやすい環境ホルモンだ。何十年も前に禁止されたとはいえ、まだ水中に残留している。クジラのような食物連鎖の上位にいる生物への蓄積は避けられない。

人間にもおそらく蓄積されているのではないだろうか。

また、同じ論文誌に東京農工大の高田先生たちの論文も掲載された。

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0048969721044478

ペットボトルのキャップなどからベンゾトリアゾール系の化学物質が検出されている。紫外線吸収剤として使用されたもののようだ。

ベンゾトリアゾール系物質はPCBと同様、難分解性で体内に蓄積されやすい。

この手のレガシー汚染濃度は、時間がたってもあまり減らないようで、恐ろしいが、ベンゾトリアゾール系物質はまだ使用中の化学物質だ。

やはりペットボトル飲料などは、使わないに越したことがない。