豪雨でプラスチック原料流出

岐阜県関市のプラスチック加工会社から、テープ状のポリエチレン樹脂が数百個(数十トン)流出したとのこと。

豪雨による川の氾濫が原因とのことなので、やむを得ないことではあるが、今後このテープ状のものが細片化した際の河川や海洋への影響が心配だ。

<出所>

日経新聞「プラスチック原料流出 豪雨で数十トンか、岐阜・関」2018.7.13↓

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32956080T10C18A7CN0000/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です