船から廃水されるプラごみを調査

国土交通省は今年度、船から海へ流される生活排水にプラスチックがどの程度含まれているかを調査する。

サンプルとして、クルーズ船の生活排水を回収し、プラごみの種類や含有量を分析。また、船体の塗料に含まれるプラスチック含有量も調べ、国際的な議論に役立てるそうだ。

<出所>

日経新聞(2019.1.21)「船からのプラごみ初調査へ 排水分析、規制検討も」

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO4024003020012019CR8000/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です