コロンビア、使い捨てプラスチック禁止法案を可決

コロンビア議会は6月1日、シングルユースプラスチック法案を可決したそう。このあと上院が通れば、2025年から施行されるとのこと。

2年後と8年後の2段階に分けて開始されるとのことで、「まず2年後にはレジ袋、プラスチック袋ロール、雑誌の包装袋、プラスチック製ストロー、持ち手がプラスチックの綿棒などが禁止になり、さらに8年後には食品の持ち帰りに使われるようなプラスチック製の容器や食品用ラップフィルム、誕生日パーティで使われる風船やプラスチック紙吹雪、デンタルフロスの容器、フルーツに貼付されるステッカーなども禁止対象」となるそうだ。

https://www.newsweekjapan.jp/worldvoice/matsuo/2022/06/plastico-solo-uso.php

コロンビアの規制対象はEU規制と似ているが、デンタルフロスの容器とかフルーツに貼付されるステッカーなどはEU規制より具体的だ。

確かに、生ごみ処理器に入れた果物の皮は、皮が消えてもラベルだけいつまでも分解せずに残っていてつまみ出すことになる。

日本でも禁止してほしい。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です