東京都、給食用ストローを見直し

東京都は、都内の公立小中学校の給食で提供しているプラスチック製ストローを削減すると発表した。

2019年度中に一部の学校で、紙パック入り牛乳でストローを使わない提供方法を試験運用するとのこと。その結果を見て、対象校を拡大する。

当面は、ストローを付けずに紙パックを提供し、今後洗って繰り返し使える「マイストロー」の導入や、紙製ストローなどの代替品の利用の可能性も検討する予定だそうだ。

どうせならば、従来と同じガラス瓶に戻せばよいと思うが、その案はないのだろうか?

<出所>

日本経済新聞(2019.4.13)「東京都、学校給食でプラ製ストロー削減 19年度に試行」https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43678240S9A410C1MM0000/

RIEF(2019.4.13)「東京都、都内の公立小中学校で、給食で配布する牛乳パックのプラスチックストローを止め、コップへの移し替え試行。洗って使える「マイストロー」も実験。成果を見て全校に拡大へ(各紙)」

http://rief-jp.org/ct12/88904

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です