川のマイクロプラスチック 23%が人工芝、広島ではカキ養殖パイプ実態調査へ

「ピリカ」が今年5月から9月にかけて、関東や関西、米ニューヨークの河川や港湾計38カ所を調査した。

38カ所中37カ所からマイクロプラスチックが検出され、最大は大阪市内の大川(旧淀川)で1m3当たり19.8個。東京のお台場の水の広場公園で同17.6個。対するニューヨークでは最大1.29個で、日本のプラスチック汚染度が浮き上がったとのこと。

プラスチック片のうち、23%は人工芝だったそうだ。

ピリカでは浮遊状況を公開している。

ピリカ「マイクロプラスチック等浮遊状況データベース」↓

https://opendata.plastic.research.pirika.org

また、広島県は、カキ養殖パイプの散乱が多いことを受け、実態調査を今秋から開始する。

<参考>

環境金融研究機構(2018.10.15)「東京、大阪の河川・港湾部でのマイクロプラスチック汚染、民間調査で判明」↓

http://rief-jp.org/ct12/83689

毎日新聞(2018.10.12)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です