プラスチック汚染やめて!世界環境デー 国連事務総長メッセージを発表

6月5日の世界環境デーで、国連事務総長のアントニオ・グテーレス氏がメッセージを発表した。

http://www.unic.or.jp/news_press/messages_speeches/sg/28873/

健全な地球は、豊かで平和な未来に欠かせません。

私たちにはすべて、かけがえのない故郷を守るために果たすべき役割があります。

しかし、何をすべきか、どこから始めたらよいかを知るのは難しいこともあります。

そこで、今年の「世界環境デー」では、たった1つのことをお願いすることにしました。

プラスチック汚染をやめることです。

私たちの世界は、有害なプラスチック廃棄物であふれています。

毎年、800万トンを超えるゴミが海洋に流れ込んでいます。

海中のマイクロプラスチックは今や、銀河系の星の数を上回っています。

離島から北極圏まで、汚染されていない場所はありません。

現状のトレンドが続けば、2050年までに、私たちの海には魚よりもプラスチックが多くなってしまいます。

「世界環境デー」に発信すべきメッセージは単純です。それは使い捨てプラスチックを拒絶することです。

再利用できないものは断ってください。

私たちが力を合わせれば、よりクリーンかつグリーンな世界への道を切り開くことができるのです。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です