米最大規模のスーパー 2025年までにレジ袋廃止を表明

アメリカ最大のスーパーマーケットの1つクローガー(Kroger)は、使い捨てレジ袋を2025年までに全店で廃止すると発表した。

クローガーは2017年現在、35の州とワシントンD.Cで2700以上のスーパーを展開し、グループ全体で年間60億枚のプラスチック製レジ袋を使用。

シアトルを本拠とする傘下のQFCチェーン(63店舗)で2019年中に廃止し、段階的に全店舗に広げ、2025年には全廃する。まずプラスチック製レジ袋を紙製に切り替えたり、繰り返し使える買い物袋を1〜2ドルで販売するとのこと。

アメリカでは、毎年380億枚以上のレジ袋(plastic bags)が使用されているという。最大手スーパーが動いたことで、アメリカのレジ袋削減はこれから大きく進みそうだ。

<参考>

npr(2018.8.23)Attention, Shoppers: Kroger Says It Is Phasing Out Plastic Bags;

https://www.npr.org/2018/08/23/641215873/attention-shoppers-kroger-says-it-is-phasing-out-plastic-bags

日本経済新聞(2018.8.24)「プラ製レジ袋、2025年に全廃 米食品スーパー最大手」↓

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO34540010U8A820C1000000/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です